動物性食品に含まれる葉酸

 

動物性食品にはヘム鉄と葉酸が多く、血液を作り出すために必須となります。
ヘム鉄のほうが植物性の非ヘム鉄よりも吸収率が優れているため、優先的に摂取することもあります。

 

葉酸とヘム鉄が多い食材の代表として、肉のレバーが特に有名です。その他にもマグロやカツオの赤身にも多くなりますから、魚介類からも摂取できます。

 

葉酸は動物性食品を多用する食事から摂取することが理想ですが、毎日のようにレバー料理を食べることは不可能です。
毎日食べれば飽きてしまい、やがては普通の食事に戻ってしまいます。

 

このままではいけませんから、葉酸サプリを使って不足分を補うようにします。サプリが主役となってはいけませんが、食事で足りない栄養を補うためには最適です。
食事バランスを整えていても、不足分は出やすくなります。弱点を補うためにも、葉酸サプリを上手に利用することが大切です。

 

動物性食品と葉酸サプリのおかげで、造血の働きは活発になります。血液の健康が保たれていれば、免疫力も強化されていきます。
葉酸不足で発生する弊害も取り除いて、健康的に発育ができるようになります。

 

葉酸サプリには特別な臭いや苦味はなく、レバーが嫌いな人でも利用しやすいことも特徴です。