妊娠初期に葉酸をサプリで取るべき必要性

葉酸は、特に妊娠初期の女性にとって必要不可欠なビタミンの一種です。
葉酸は、細胞を生成するために必要な栄養素であり
脳や脊椎などの中枢神経系といった大事な部分を作るために重要な役割があります。

 

先天性異常などの神経管閉鎖障害を予防するためにも、葉酸の摂取が必要不可欠です。
特に、脳や脊椎などの中枢神経系は、妊娠7週までに形成されるため、妊娠初期の葉酸の摂取が重要です。

 

また、ホルモン分泌を整え、ホルモンバランスの乱れを改善したり
赤ちゃんに栄養を運ぶために必要な赤血球を生成し貧血を改善したりなど、お母さんにとっても重要な栄養素です。
葉酸は、レバーやアボカド、納豆など、幅広い食品に含まれています。

 

しかし熱に弱く、水に溶けやすいという性質があるため、調理の過程で失われやすく、普段の食生活からだけでは不足しがちです。
厚生労働省も、食事と共に葉酸サプリからの摂取を推進しています。

 

妊娠中に摂取するのであれば特に、安全・安心で自分にあった葉酸サプリを選ぶことが大切です。
また、いくら葉酸を摂らなくてはいけないといっても、摂取量の上限には注意が必要です。

 

バランスの取れた食事はもちろん、葉酸サプリを有効活用して、葉酸を積極的に摂取しましょう。